性病は体液によって感染するので気になったら病院へ

性病の感染源というのは主に体液によってうつるものとなっているので、気になった時には病院で検査をしてもらうようにしましょう。
まず、相手が性病に感染をしていないのであれば、体液と接触をしても性病になってしまうということはありません。
ただし、不衛生な状態で性行為などをすれば雑菌などが繁殖をしている可能性がありますから、それが原因で病気になってしまうおそれがあるので性行為をするときには清潔さを保つようにしておきましょう。

次に相手が性病に感染していた場合ですが、この場合は体液と接触することによって性病に感染してしまうリスクが有ります。
精液や膣分泌液だけでなく、オーラルセックスなどによっても感染をする可能性はあるので感染している相手と性行為をしないことがまず重要となります。
感染しているかどうかわからない相手とも性行為をするのは望ましいものではないのですが、成り行きでそのような状況になってしまった時には避妊具をつけるなどして性病予防に努めるようにしましょう。
避妊具をつけることによって、性器同士のこすれあいでも体液が接触することがなくなるので性病に感染するリスクを抑えることができます。
最初からつけていれば女性の場合はオーラルセックスをすることになっても、直接性器を口に含むことにはならないのでその分リスクを軽減することができるのです。

男性の場合には、女性の性器を舐めるなどの行為をした場合無防備となってしまいますので、このような場合にはできるだけオーラルセックスを避けるといった方法によって感染のリスクを下げることができます。
性病は予防がまずもっとも重要なことになりますが、次に大事なことは早期発見早期治療となるので怪しい時は病院で診てもらうようにしましょう。

ページの先頭へ戻る