性病を治療可能な医療機関と痰の役割

痰は体内の細菌を免疫機能によって排除されるときに作られるもので、十分な体力がないと体外に排出できないので高齢者で肺活量が低下している場合には痰の排出がうまくできないので、機械を使用して痰を吸入しなければなりません。痰にはウイルスや細菌の死がいが含まれているので、排出できないと体に悪い影響があるので、出にくい場合には痰切りなどの薬を服用して、粘膜の状態を整えることで効率的に排出できるようになります。性病が疑われる場合には医療機関を受診して検査を行うことが必要ですが、性病科などに通院するのが難しい場合は、保健所などで相談をしてから検査を受けることができます。検査によって感染が認められた場合には性病科や泌尿器科などの専門の病院を紹介してもらうことができるので、適切な治療を受けることができます。細菌による感染の場合は完治することが可能なので、早めに抗生物質を服用して体内の細菌を消滅させることが重要なのですが、抗生物質の効かない耐性菌が増えているので、確認のために抗生剤を服用後にもう一度検査を行う必要があります。耐性菌は専用の抗生物質が効かない細菌なので、より強力な抗生物質を使用する必要があります。ウイルス性の感染症は完治するのが難しい場合が多く、ほとんどの場合は体内にウイルスが残るので、再発のリスクが半永久的に残ります。B型肝炎は性病に含まれることもありますが、母子感染が多いので、実際には注射針の使いまわしなどが原因であることが多いとされています。HIVは血液や体液から感染するのでコンドームを装着して、体液や血液に触れないようにセックスをすることが重要で、感染した場合はウイルスの増殖を抑制するしか方法がありません。

ページの先頭へ戻る