性病治療に有効なフロモックスと認知症

フロモックスは細菌の細胞壁を破壊することで死滅させる薬で黄色ブドウ球菌や大腸菌、淋菌による感染症に効果的な薬とされています。特定の細菌の細胞壁だけを破壊して人体には影響を及ぼさないのでアレルギー以外には副作用がないので、安全性の高い薬として様々な感染症に処方されています。細菌による性病に効果的で感染力の強い淋病に効果的なので泌尿器科や性病科などでも多くの病気に処方されています。ウイルス性の性病に関しては抗ウイルス薬が用いられますが、これはウイルスを死滅させるのではなく、増殖を抑えることでウイルスを減らす作用のある薬なので、HIVやヘルペスなどのウイルスは根本的な治療を行うことができません。しかし増殖を抑制することで症状が発症するのを予防することができるので、死亡するリスクを低下させる効果があります。性病は若い人が多く感染する病気ですが、細菌性のものは風邪などと間違えやすいので、内科で治療を受けてそのまま放置される場合が多くなっています。梅毒や淋病などは特定の抗生物質しか効果がないので、風邪などに処方される薬では治療をすることはできません。梅毒などの感染症は放置していると病状が進行するので10年以上放置した場合には死亡する可能性があります。開発途上国では現在でも梅毒や淋病による死者が出ているので、早めに治療をする必要があります。認知症は脳が萎縮して起きる病気ですが、有酸素運動やエクササイズをすることで脳の働きを活性化して予防することができます。また脳の萎縮が起きても人と毎日接していると萎縮した部分の働きを他の部分が補うので、脳が萎縮をしても認知症の症状が出ないので、運動とコミュニケーションが重要であるとされています。

ページの先頭へ戻る