性病を防ぐ方法

性病にはいろいろな物がありますが、今一番感染者が多く、気をつけなければならないのがクラミジアによる性病です。クラミジアはかつて目に感染するウイルスでしたが、最近ではインフラの発達、毎日お風呂にはいるようになり清潔に保たれることによってあまり見られなくなりました。一方、クラミジアは若い世代がオーラルセックス、ディープキスなど過激な性交渉をするようになって増えてきた怖い性病です。成人向けビデオが簡単に見られるようになり、過激な性交渉を興味本位ですることにより、喉に感染すればかぜのような症状に悩まされるようになります。女性が男性器をなめしゃぶるフェラチオによって喉に感染、クラミジアに感染した男性器を女性に挿入することによって女性器2次感染。クラミジアはとても感染力が強く、しかも最近では不特定多数の男女が性交渉する機会が多くなっているため人から人へと2次感染するリスクが高まってきています。さらにクラミジアは感染してから、症状がでるまでに潜伏期間がありその間、自分が性病にかかっていることに気がつかずに性交渉していれば2次感染の輪ははてしなく広がることになります。そのため性病を防ぐ方法としては、興味本位で過激な性行為をしないようにしたほうが安心です。きちんとコンドームをつけなるべく感染しないように自分の体を守り、少しでも性病のような症状を感じたらすぐに婦人科などを受診することです。少し体の状態が悪いのに、興味本位で過激な性交渉をしていれば性病は果てしなく感染してしまうし、大変リスクが高くなります。性病はほうっておいても自然に治らないし、女性なら手遅れになると妊娠ができなくなってしまったりすることもあります。なので正しい知識をつけ、病気を予防する必要があります。

性病に感染してしまったら

性病に感染した場合は性病科や婦人科、泌尿器科を受診をすると適切な検査を受けることができるので、細菌やウイルスの感染が確認された場合には、抗生物質や抗ウイルス薬が処方されます。性病の感染は粘膜の接触や血液や体液などによるものですが、感染をしても症状が出るのは10%程度なので、ほとんどの感染者は気が付かないままキャリアとして性交渉を継続します。不特定多数のパートナーとセックスをしている場合には気が付かないで感染させているので、感染拡大が速いペースで起きるとされていて、日本の場合は若い女性を中心にクラミジアや梅毒などの感染症が広がっています。これらの病気に感染したことは自分では気がつくのが難しいのですが、性器の周辺に水泡ができたり、顔に赤い発疹ができるなどしたら感染が疑われるので、性病科などを受診して検査をする必要があります。放置しておくと発熱して腹痛などが起きるので、重症化してから受診することになります。クラミジア感染で腹痛を起こす場合は子宮や肝臓まで感染が広がったことを意味しているので、入院治療が必要になる場合があります。クラミジアは性病の中では症状が軽いのですが、不妊症のリスクになるので、婦人科などを受診すると検査が行なわれる場合があります。HIVに感染してしまったら、セックスの時は必ずコンドームをして、血液には絶対に触れないように注意をしなければなりませんが、HIVに感染をしても抗ウイルス薬によって症状が出るのを抑えられるので、死亡するリスクに関しては以前よりも低くなっています。しかし抗ウイルス薬は増殖を抑えるだけで、体内に残っているウイルスを駆逐することができないので、根本的な治療にはなりません。

性病と性行為の関係について

性病は現在ではおよそ10種類ほどあるとされており、正確に言えば性感染症のことを指しています。簡単に言ってしまえば性行為によって感染してしまう病気の総称のことを指しています。そのことから性病と性行為は切っても切れない関係となっており、非常に濃厚な関連性を持っているということになります。なぜならば性病は性行為によって感染するものとなっており、ほかの感染経路を持っているものもいくつかありますが基本的には性行為での感染率が最も高いというところが大きな要因です。
では何故性行為によって感染するのかというところですが、そもそも性病は性器を中心に感染して病気を発症するものとなっており、男性であれば陰茎、女性であれば膣や子宮などを中心として病気を発症しています。エイズなどの場合はそこから血液などを介して全身に発症するのですが、代表的な病気のほとんどは性器に症状が出ていることが多く、性器自体が感染源となっているのです。なので当然それを用いた性行為は感染経路となってしまい、通常の性行為だけではなくオーラルセックスのように口を用いた性行為であっても感染しますし、お尻を使った性行為でも感染することがあります。
そして性病と性行為の関係性を最も濃厚にしているのが予防方法であり、男性器にコンドームを装着していると高い確率で予防することができるということが研究結果でも証明されています。つまりコンドームなど直接触れ合わないように性行為をするようにすれば感染を防ぐことができるようになっているということであり、逆に言えば直接触れ合うような性行為をすることによって性病に感染するリスクが高くなっているということを証明している結果となっているのです。
■恐ろしい性病もあります
淋病は放置しない
エイズの検査内容とは?
■性病治療薬は塗り薬タイプのものもあります
クロトリマゾール
■簡単に飲める錠剤タイプはこちら
ジスロマック

ページの先頭へ戻る